スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSG対LSD

09 17, 2010
TSG対LSD - Desto Wlk, Ele Shm, Resto Dru

S8では、Caster系のCleaveチームが強い構成とされている。
かつてのTSGがそうだったように、Forum上のTroll達のやり取りの中で
強Comp=Skill要らず、というある種のステレオタイプが浸透しているが
LSDはLSDなりに苦労があるという点は覚えておくべきだろう。


さて、TSGとの相性の面で言えば最悪に近い。
瞬間的な火力が高く、Wlk Shm Druの3人ともCCを持っているので
PolyやFearなどでコンスタントに1人を止められないTSGは
普段から細心の注意を払わなければならないが、Heroism (Bloodlust)発動中は
遠距離からのスイッチで一瞬で消し炭になる危険がある。

こちらとしては、攻める意味でも守る意味でも突っ込んで
1人(ないし2人)のCastを止めながらDPSをしていかなければならない。

基本はDKとWarrのタゲを集中させるのだが、ここにも危険が潜んでいる。
まず、WlkのShadowfuryのAoE Stunで、2人とも足止めされてBurstが来る。
そしてHowl of Terrorも厄介で、DKとPalが巻き込まれると、死の淵が見えてくる。
何かの際にEle Shmにスイッチした際や、Shmが近くにいる時は
Earthbind Totemによって5秒間のAoE Rootにより移動不能になるのも死因の一つだ。

つまりStunにしろ、Rootにしろ、殴れない(Castを止められない)=危機という事である。


実戦での動き方に移ろう。
Ele ShmはTotemでのRootがあるので、最初のターゲットとしては箸が伸びない。
Druidは倒しやすいが、WlkとEleをフリーにすると先に死ぬのはこちらになる。
なので、まずはWlkを狙う事で、開幕を生き延びることは出来るだろう。

最初はWarrが狙われる事が多い。常に2Hのまま殴り掛かるWarrなら容易に倒せるからだ。
ターゲットになっているにも関わらず、Bladestormをするのは自殺行為に近い。
大人しく盾を持って、Shield BashとOverpowerでWlkのCastを妨害すると良い。

Overpowerは相手のCast中に当てると、Talentにより敵のSpell Powerが半減するので
Healerを仕留める時は勿論、こういったCaster DPSには特に有効である。
何らかの理由により最大限のDPSが必要な場合は、2HのままOverpowerで被弾を下げると良い。



マップにもよるが、Wlkは不利になってくるとテレポートをするので
すかさずターゲットをスイッチしよう。DruidをGripで引っ張ると良い。
狙われていたWlkを中心にHoTを貼っていたので、Druにとってはかなり焦る事になる。
おそらくCD SkillやHelpでDruidは逃げるので、またWlkにタゲを戻そう、
TSG側の基本戦略はこの繰り返しである。

Ele Shmも止めるに越した事は無いのだが、Lava BurstとLightning系という
2系統のSpellがあるので、片方をInterruptしてもそこまで効果は出ない。
Thunder Stormは橋や下水のMapでは特に注意するべきで、
相手が誘っているかどうかをよく確認する事。

0 CommentsPosted in 対LSD
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。