スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底攻略 Rest Dru 前編

06 24, 2010
オフさんが、記事で各Healerの特徴についてを詳しく書いています。

他のClassの人の視点から見た考察は勉強になりますねー
ここは私も、専門だったResto Druidを徹底攻略してみましょう。
かなりの長文なので、読みたい人だけどうぞ。



私の印象では、Druidの特徴は「移動力とHoT」に尽きると思います。
Snareを解除しながらインスタントのSpellでHoTとHealをするので、
移動と回復が同時に出来る事がDruの強みです。

HoTは掛けておけば、他の行動が出来るので非常に便利な一方で、別の面の腕を要求されます。
簡単に言えば「相手のDPSをある程度予想した上で、適量のHoTをする」必要があるのです。

少なすぎれば死にますし、(死なないまでもCast Healをせざるを得なくなり、隙が生まれます)
多すぎればマナの無駄なので、OOMへ近付いてしまいます。

更に、PriやShm、Mageは、Dispel等でHoTを剥がす事が出来るので、
相手チームにいる場合は、その点も考慮しなければいけません。
1000マナを消費して掛けたHoTを、200マナのPurgeで消されるのは嫌ですよね。

幸い、LifebloomというHoTはDispel系に対して特別な性能があります。
つまり適時、適切なHoTを適量使う事がDruid Healのポイントなのです。


ではそのHealの種類を見て行きましょう。
実践的な対策は次回書くとして、DruidのHealの仕組みについて知る事は攻略の第一歩です。
(ここから口調が変わりますw)



・Rejuvenation
マナコストが446と、とても安く3秒毎に約2500回復するインスタントのHoT
効果は18秒なので計6回Healが入る。

例え狙われていなくても、常に自分に掛けて置く事が多い。
オフさんも指摘している通り、Druは緊急時に素早くHealする事が苦手だからだ。
つまり、Rejは後述するSwiftmendを使うための土台とするための意味が大きい。


・Regrowth
マナコストは719、これはCast HealとHoTを同時に行なうSpell。
約5500のダイレクトHealと、3秒毎に約1300のHoTが27秒間続く。

これもSwiftmendの土台になる。
マナコストの効率は非常に良いが、なかなか使い辛い。
試合開始時にPre-HoTとして掛けるぐらいで、試合中に使える場面は限られている。
まず、Cast Healなので立ち止まって使う必要があるのでInterruptされる危険がある。
そしてHoT部分をDispelされると元も子も無い。Manaも速度もNourishの方が効率が良い。
RetやFeralなどのInterruptが無い相手や、Druが狙われてない時に使うぐらいだろうか。
もちろんPri Shmがいるときは使わない方が良いだろう。


・Swiftmend
これは一風変わったインスタントHealで、
RejかRegrowthが掛かってるターゲットに対してのみ使用する事が出来る。
マナコストは559、Heal量は約10kと破格の性能である。
しかしCDは13秒(PvP 4set効果込み)、つまり連発は出来ない。


これがDruidの命綱のHealと言っても良いだろう。
特にCastもしてないのにDruが一気に回復した!というのはこのSpellを使っているのである。

ちなみにSwiftmendはMSやWound Poisonが切れた瞬間を狙うのがコツである。


・Lifebloom
最高で3stackまでするインスタントのHoT
初期マナコスト1回に付き782は非常に高い。しかし最後にManaが半分戻って来る。
(3stackには782*3=2346マナが必要で、1469マナが戻って来る)
計算が合わないのは、Talentsでのマナコスト減少分を無視して戻って来るからである。

6秒間の短いHoTで、1秒毎に回復するのと、最後にbloomが開花して大きなHealを与える。
毎秒のHeal量と、開花時のHealはStack数に比例して強力になる。
1stackでは1秒毎に約550、開花時に約3400のHeal。
3stackでは1秒毎に約1650、開花時に約11000のHeal。

ちなみにDispelされた時も開花Healが起こり、Manaも半分戻って来る。

かなりアクがあるHoTである。
イメージとしては、Healの時限爆弾を思い浮かべて欲しい。
上手な使い方は、最後の爆発HealのタイミングをHealthの減りに合わせるようにする。

例:PriestがDruに向かっている。予想出来るのはFearからの味方へのBurstだ。
  ここはLifebloomの開花のタイミングを、Fearで動けない時になるよう調整する。

例:味方が殴られているが、Lifebloomを3stackして置いて水を飲みに行く。
  水を飲み始めた辺りで開花し、ほぼ最大Healthまで戻るので比較的安心だ。


さて、タイミングの調整の仕方だが、基本は2stack程度にしておき
このまま開花すると無駄になると思ったら、3stack目を掛けタイマーをリセットすると良い。
際どい場面では、1回分のManaは無駄になってしまうが 例え3stackしていても
もう一度掛ける事で、3stackのままタイマーをリセットする事も出来る。

基本的に、HoTはDispel(Purge)されると消えて無駄になってしまうのだが
Lifebloomだけは違う、Dispel時には開花と同じ効果が表れる。

つまり単発的なDispelは、Druにとってむしろ美味しい話である。
Healを手伝って貰っているような物で、必要ならまた掛け直せば良い。

しかし、連続してDispelされ続けると事情は変わって来る。
Rejは即消されると効果が何も無いので、Lifebloomをとりあえず連発するのだが
Lifebloom1回 vs Dispel1回 の戦いになってしまうとHeal力に限界が出て来る。

上でも述べたが、Druは緊急の素早いHealが苦手なのだ。
「Rejが掛かっている所へ、Swiftmendでの強力Heal」もRejが無い所には掛けようが無い。
何も下地が無い所にHealをする際は
1.Nourish
2.Rej→Swiftmend
ほぼこの2択しかない。(CDスキルであるNS +Healing Touchを除くとして)

NourishはCast HealなのでInterruptやCSの危険が高い。
Rej→Swiftmendは、Swiftmend自体にCDがあるのと、1テンポ掛かるのが悩みである。


余談としてMana Burn or Drainを連発され、残りManaが非常に少ない場合は
Lifebloomを預金代わりに突っ込むテクニックがある。
開花で戻って来る分は50%だが、その間のMana regenで合計で少しは増えているはずだ。
InnervateのCDが近い時などは試してみて欲しい。



・Nourish
優良健康の1.5secのCast Heal、マナコストは572と中々良い。
Heal量は約6000で、どれかHoTが乗ってると20% Heal量がUPする。
TalentsでCrit率がかなり上がっているのが嬉しい。

Druidに取ってはこれがメインのCast型Healである。
各種HoTを乗せた上で、更にHealが必要な場合はNourishの出番だ。
HoTはすぐには効果が出ないので、これで補っていく必要がある。


・Healing Touch
デフォルトで3secという圧倒的なCastの長さのHeal。
1049マナで、約12000回復する。
次のSpellをインスタント化するNSと組み合わせる時以外はまず使う事は無い。

専用Talentと専用Glyphを付けると、1sec Castにする事が出来るが
Heal量も落ちているため、そこまでして使う必要は無いだろう。


・Wild Growth
Rest Treeの最下層にあるDruのAoE HoTで、一度に5人へ掛ける事が出来る。
1秒毎にTickするのでHPSは高い。マナコストは人数によるだろう。

使い方としては、味方が集まった所へ掛けると良いのだが、2sではいかんせん使い勝手が悪い。
他のHoTを掛けた上で、更にWGを載せて安心感UPという程度の認識だろうか。

同じResto Druidでも、これを取るタイプとInsect Swarm(Dot)を取るタイプがある。
3sや5sではWild Growth型が当たり前だが、2sになると半々といった所だろうか。

Wild Growth型は、Petを含めて味方が3人以上の場合に効果が高いが
その反面、攻撃力は激減する。後述するがInsect Swarmは超優秀なSpellなのだ。



-2 Comments
By オフ06 25, 2010 - URL [ edit ]

すさまじく勉強になります。
DruチームのHOTなしのターゲットに対するバースト時は、DDやDOTは一切入れずDispelを先読みでひたすら連打でしたが、Nourishを連打された時はDispleをやらずにDDやDOTに変えた方が良いって事ですね。ううん・・奥が深い。今度、Disc Priも徹底攻略書いてみます。あと誰かがPalとShmを徹底攻略してくれれば・・・w

By supergnome06 25, 2010 - URL [ edit ]

Burst+Dispel連打はやはり脅威ですねー。

特にPriはDispelしながらDruに近付いてくるので、立ち止まるNourishはFearを食らう危険が高く、Rog/Priにやられるのは殆どこれが原因です。
(逆に言えば使わせる状況に持ってくと良いって事になりますね。)

こういう状況だと、LifebloomをHeal版UAみたいに使いながら距離を取ってNourish、相手のDispelの合間を縫ってRej+Swiftmendで一気に回復を狙う感じでしょうか。

きつい時はCycloneでDPSを止めるんですが、これも読まれてるともう打つ術無しですw
(ちなみにCycloneはTrinketでのみ解除可能です)

Priの詳しい解説よろしくおねがいしますー。

Shmは私も詳しい事は分からないので是非どなたかに書いて欲しいですねえ。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。