スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warr メモ

04 04, 2010
半年ぶりにWarrのPvP Gearを集め出したので、調べついでにメモを。

GearのSettingはWarの2大ステータスであるArP型とStr型があり、上位はArP型が多い。
Full PvP Gear (Str型) だとDPSは低めだが、Resilienceが1200ぐらいになるので堅い。

PvP 4setに264 Chest、そしてOff partsを数点付けるタイプ (ArP型)は攻守のバランスが良い。
おそらくこのタイプが一番多い。

PvP 2setにT9 2set(ArP 6%効果)で更に攻撃面に特化するタイプもあるが、InterceptのCDが5秒長くなる。


昔はGrim Toll等のTrinketのProc効果と合わせてArP 100%を目指す事が多かったが、
現在はそこまで特化するタイプはあまり見かけない。
武器のAxe7割、Sword2割、Mace1割弱の人気がそれを物語っている。

Charge後のMortal Strikeが100%Critなのと、Overpowerも+50%Critなので
AxeのCrit率&Damage 5%UPはやはり魅力的なようだ。

Deathbringer's WillはArP Procが強すぎる為にHasteに変わったが、依然強力である。
(このTrinketはProcの変身中にMountに乗れないバグがあったような・・)



Glyphは、1つはMortal Strikeが確定らしい。
後はBladestorm、Rend、Execute、Overpower、Hamstring、Sweeping Strike辺りから2つ。

Glyph of BladestormはCDを90秒→75秒に出来る。
PatchでBladestorm中にDisarmを食らうようになったので、これを付けるのも一案だが
Disarm(War)とDismantle(Rog)のCDは60秒、Shadow PriestのPhychic HorrorはCDが120秒なので注意。


Glyph of RendingはRendの効果が6秒長くなる。
単純にRendを入れ続ける手間を減らす意味もあるが、RogのVanishを防ぐのにとても便利である。


Glyph of ExecutionはRageに応じてExecuteに追加ダメージが出る。
100rageで、確か500~750ぐらいのダメージ(軽減前)が出る。 少しでもDPSを上げたい人へ。


Glyph of Sweeping StrikesはSweeping StrikeのRageコストを25から0にしてくれる。
つまりRage無しで使える。Petを使うClassや、3sと5sでも便利。
昔はPriestやPalやMageなどのAbrosb系のシールドを使う相手に便利だった。
(現在はシールドでAbsorbされた分もRageが貯まるようになった)
ちなみにBladestorm前に使っても無駄なので注意。(WWなのでデフォルトで4人に当たる)


Glyph of OverpowerはOverpowerがParryに対して100% Proc(使用可能)になる。
通称DK殺しと呼ばれるGlyph。
DKは回避スキルの割合がParryが多いので、付けてDKと殴り合うとProcしまくるようになる。


Glyph of Hamstringは10%の確率でHamに5秒移動不可の追加効果が出る様になる。
TalentのImp Hamstringと一応Stackするようだ。
2つ合わせると23%~25%の確率で相手を止められるので、かなり便利なGlyph。

ちなみに、DPS同士が殴り合う際もSnare有りと無しでは雲泥の差が出るので
Piercing Howlではなく、なるべくHamを入れるようにすると良い。


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。