スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

War/Dru vs MM Hunter/Any Healer

03 16, 2010
MM Hunter /Any Healer

Hunter自体、BM,MM,SVと3種類specがある上に、Healerも4パターンあるので一概にはし辛いが
結局はそれぞれのClassの特徴が理解出来ていれば、後は組み合わせて考えれば良い。

わたしはHunterを使った事が無いので、HunterのSkillなどに精通している訳ではないが
分かる範囲の知識で言えるのは、この試合は相手のCCに細心の注意を払う必要がある。


相手のCC Chainの流れとしては、
Scatter Shotでふらつき状態→Freezing Shotで氷漬け→敵HealerのCC である。
この連続コンボの恐ろしいのは、最初のとっかかりであるScatter ShotがInstantなので
Druid一人では、どうやっても回避不可能な所である。

これを回避するには、DruidがScatter Shotを食らった瞬間にWarrがInterveneをして
Freezing Trapを身代わりに食らう。
というテクニックが必要になってくる。
(ちなみにうちのWarrは出来た試しがないですw)


もう一つ注意すべき点はChimera Shot
これはダメージ + 各種Stingの効果時間をRefresh + 追加効果がある攻撃で、
Viper Stingの場合、追加効果で一度にかなりManaを吸われてしまう。
Abolish PoisonのTick前に吸われてしまうのと、Silencing Shotと同時に使われるとかなり辛い。



全体的な戦略としては、Warrはかなり慎重に戦うべきである。
わたしのチームの場合は、序盤は超Defensiveに進める事が多い。
HunterのManaが減った所で、ようやくPet Killを狙い始める。
HealerをCycloneしてしまえば、Wlkと違って
Hunter本体のMend Petはそこまで強く無いので比較的倒し易い。
一度倒してしまえば、Pet蘇生は難しいので各種CDを使う価値はあるだろう。

ちなみにBashなどをする時に、動物系のFormはHunterのBeast Fearを食らうので注意。



HealerがPriestの場合は、両方がManaを削りにくるのに注意。
Freezing Trap → Fearはもちろんだが、HotをDispelされるのも恐ろしい。
Petを倒したらWarrはPriestに貼り付くと良いだろう。


HealerがPalの場合は、追い辛いHunterがHoFのせいで余計に追い辛い。
HunterにHoF → PalにスイッチしてDruはHunterにCyclone + PalにDoTでDPS支援が有効。
PalにHoFの場合は、逆に行なう。


HealerがDruidの場合は、相手の一連のCC時間が特に長いので注意。
Scatter → Freezing Trap → Cyclone → Cyclone → Bash → Silence Shot →WarにCyclone...etc
相手のDruidの連続CycloneをWarrが止めに行くと、結果的に生存率が上がる。
狙うならDruidだが、深追いしすぎに注意。 恐らく一番きつい相手。


HealerがShmの場合は、HexがDruに効かないのでCCの脅威は比較的低い。
しかしGrounding TotemやWind SeerでCCがし辛いのが難点。
中途半端にShmを殴ったりDoTを入れると、Water ShieldでManaが回復してしまう。
Resto ShamanのManaを減らすなら、もう片方をひたすら殴るしか無い。

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。