スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

War/Dru vs DK/Dru

03 03, 2010
Death Kight/Druid

相手のDruが、RootとCycloneで容易にWarをCC出来るのに対して
こちらのDruは、DKをCCするのは難易度が格段に高い。
DKのInterruptであるMind FreezeをFake Castで空振りさせたとしても
AMS、GhoulのStun、Death Grip、Strangulate(Silence)と、保険になるSkillが山ほどある。

つまりDKから逃げる事が難しく、常に殴られ続ける事になる。
頼みの綱のNature's Graspも、攻撃速度が速いGhoulに発動してしまう事も多く、
Ghoulを倒さないと水飲みもほぼ不可能、倒したとしても30秒で復活してしまう。
Druidに取っては非常にストレスの貯まる試合になるだろう。


上級者のWar/DruのTacには、こちらの2人は重なるようにして只管DKを殴ると良い。とある。
理論的にはMSがあるWarの方がManaは有利だが、相手のDruがCCし放題になるのが難点。

わたしの戦略としては、最初はこちらのDruは柱を回り、それを追うDKをWarが後ろから殴る。
 (Glyph of Overpowerがあれば完全に重なるも良い)
すると間違い無く相手のDruidは、WarにRootかCyloneを入れて来る。
RootであればDruはWarの元へ戻り、引き続きDKを殴ろう。
Cycloneであれば素直にWarは食らってしまって良い。
Warが2回目のDRのCycloneを食らったら、一気に相手のDruidにスイッチする。
この時に、1度はGripで引き戻されるのを予想しておこう。
Nature's Graspなどの相手のDruidの緊急防御用のSkillは、WarのTrinketやBlade Stormで打ち消す。

相手のDruが耐えきった場合や、WarがDKに捕まった場合は、また最初に戻りDKを殴る。




上でも述べたが、DKを倒すには緊急回復用のGhoulを先に倒す必要もある。
(この回復SkillであるDeath Pactは、CDが2minなので倒すよりかは使わせる方が良い場合も)
Sweeping Strikeを利用しコンスタントに倒して行くと長期戦も有利に進められる。


Warが相手のDruを狙う場合は、しっかりとCCに反応する必要がある。
もしPummelを上手く決められる腕が無ければ、DKのCoIでなかなか仕留めきれない。
相手のHoTを見つつ、相手のDruが油断している所に一気に攻め込むと良い。

一度では相手のTrinketやCD Skillで倒しきれないが、WarへのCycloneとRootのDR中は
DKのHelp以外ほぼフリーにDruを殴れるのでBlade StormとAoE Fear、そしてCycloneを上手く使おう。
Warが追っているDruへRootを連発する事で、Snare解除の変身をさせてGCDを無駄にさせる事が出来る。


Life Bloomは終わり際にCycloneを入れる事で、最後のProc Healを無効化する事が出来る。(Manaは戻る)
LB*3stackを入れて安心しているDruに対して、これは非常に有効だ。

DKがHelpする際などに、Warを殴って来た場合はRetaliationを使うと有効である。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。