スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

War/Dru vs Mage/Rogue

03 02, 2010
Mage/Rogue

Mageは余程のBurstが無いと、基本的にManaを減らすまで死なないので
とにかくRogueを攻撃する事。再StealthでResetされると勝率が一気に下がる。


全ての2dpsチームに言える事だが、片方をCCしていれば攻撃は半減出来る。
Wound PoisonでHealing 50%カットされている所にHealをSpamするより、
どちらかをCCした方が効果的な場面も多い。

WarのAoE Fearは相手にTrinketを使わせるのにとても有効なので、
開幕にDruにBurstが来たら躊躇せずにCharge->Fearと繋ぐと良い。
PatchでUndeadのWotFはTrinketと45秒のCDを共有するようになったので
AoE Fear -> Trinket -> Cyclone(NS)の詰め手を狙って行きたい。


開幕はTree Formで自分と味方にHoT、自分にはなるべく厚め+Abolish Poison。
WarがSapを食らったらWarとのLoSを注意しつつ、柱などに近い場所で開始を待つ。
(このLoSは、少しややこしく、MageがDruとWar両方のLoSが通せる位置を取れない様にします。
 WarがRogに即Charge出来ると有利な事も考えておきましょう。)

・Rogueが自分を攻撃して来た場合
Cheap Shot中はまだBarkskinは使わなくても良い。
Kidneyとの繋ぎ目に一瞬の隙間が出来る事があるので、次に使うべきSpellを連打しておく。

KidneyのStunが終わるとDeep FreezeかCounterSpellのSilenceが来る事が多い。
Deep FreezeはKidneyとDRが被ってるので効果は短く、Pre-Hotが十分なら耐えられる。

開幕のStun Lock後、Rogueは貼り付いてくると同時に、常にVanishのチャンスを狙っている。
MageのLoSを切りつつ、HoTと解毒、RogueにはDoTとFFを必ず入れる事。

勝敗を分ける場面は、RogがCoSから再Stealthをする時である。
普通はDruがNature's Graspを使ってRogをRootした時に使って来るので
即Bear FormからEnrageでRageを貯めてLacerate (Bleed効果)を入れる事。
(避けられる事があるので先にBashを入れると良い)
するとRogがVanishしてもBleedですぐにStealthが解ける。


・RogueがWarを攻撃して来た場合
まずはRogueにFaerie Fireを入れる。
Warに1-2個Hotを追加したらどちらかを止めなければならない。

この時に下手にCycloneを撃つとCounter Spellの直撃で8秒silenceを食らってしまう危険がある。
主な選択肢としては
1.CSが来ない事を祈って無理矢理撃つ。
2.Shadowmeldで相手のFocusを外してから撃つ。
3.NSを使ってInstantで撃つ。
4.Fake Castを入れて4秒のSilenceをあえて食らう。

わたしの場合は1で無理矢理撃つ事が多く、出来るだけMageがCastを始めた時にしています。
ある程度Hasteがあれば約1sec CastでCycloneが撃てるので滅多にCSは食らいません。
(もし食らってしまった場合は熊Stun等で時間を稼ぎつつ、復帰後はNS+Castでリカバー)



War側の動きとしては

Stanceに関わらず盾を持っておく。(例えBladestormする時でも)

PolyとNovaで動ける時間が少ないが、出来るだけRogにRendを入れ続ける事。
この試合はDruがWarへのCCを一切解除出来ないので、TrinketとBladestormを上手く使う。

BloodrageでRageを貯めてDemo shoutは開幕前のRogを炙るには有効。
向こうもそれを警戒しているので一部のMap以外は炙るのは中々難しい。
もし炙れたら、すぐにChargeを入れる。大抵はVanishしてしまうが、
重要なCDを1つ使わせただけでもかなり有利になっている。
 (Engを取っているならハンドロケットを撃つと良い)

Sapを食らった際、すぐにBerserker Rageで解除をするのはあまり効果が無い。
Berserker Rage -> Bloodrage ->Demo shoutで炙りは、Rogに取っては見え見えなので
再度Sapされてしまい、最初のPolyをほぼ確実に食らう事になってしまう。
最初のターゲットがDruだと分かった瞬間に使うと、上手く行けばPolyにReflectが間に合うかも。
もし成功すればMageは間違い無くTrinketを使う羽目になるので試合がかなり楽になる。


最初のPolyでTrinketを使ってしまいがちだが、
相手も予想しているのでNovaや再度Polyされてしまう事が多い。
DruのPre-HoTが十分なら、開幕のKidney終了までは十分耐えられるので
そこから後の場面、RogがDruを追い回す時に確実にHelpが出来る様にしたい。

DisarmはFear中やInterceptの3秒Stun中はおそらく100%決まる。(あくまで体感)
逆に、DisarmされるとShield Wallが使えなくなるので注意。
Cheap Shot -> Kidney Shot -> DisarmはRogの常套手段である。


見落としがちだが、Blade Stormはキャンセル出来る。
BlinkやSprintなどで距離を離されてしまった場合は、勿体ない気もするが
直にキャンセルしてChargeやInterceptで追撃する事。

ちなみにIntercept -> Blink ->Charge ->Nova -> Bladestorm は対Mageの詰め手。
間違い無くIBを使うのでキャンセルしてShatter Throw。


-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。