スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ensidia Lich King 1st Killの顛末

02 05, 2010
最近夜が忙しくなかなかRaidにも出られないので、こんな話題でも。


EnsidiaがLK 25manのWorld 1st Killを数日前に達成していたのですが、
倒した直後に、Blizzが緊急のHot Fixを入れるという事態に注目が集まっていました。

Saronite BombのSiege Damageが、戦闘中に崩れる外側の足場を復活させるバグがあったらしく
これを意図的に利用すると、AddであるValkyrsの攻撃を食らわずに済むとの事です。

当初のEnsidiaの声明は、
確かにこのバグは我々のKillに関連している。今回に限らず
 我々のRogueは、以前からSaronite BombをDPSローテーションの一部として使用していた。
 簡単に言えば、いつも通りに戦っている時に(バグの発見により)Raidを中止するつもりは無い。
 リリース前にテスト(PTR)が行なわれている訳であり、
 もしバグがAnub戦のHoly Wrathの様な物なら、我々にとって良い事だ。

 (バグは)Boss戦を簡単にした。しかしこのバグの有無に関わらず、100%我々は倒していた。
 このバグはBoss戦の簡単なパートの1つに影響しただけだ。

 余談だが、このバグは25manだけに発生する。

 

色々見て回ったところ、EJなどではRogueがEngの爆弾使うのは確かにDPSを僅かに上げるらしいです。
もし事実がEnsidiaの主張通りであれば、バグは不可抗力ですしそこまで問題では無いと思いますが、
Forumを見てると様々な指摘がされていました。

「Ensidiaはバグを知っていた、そしてそれを意図的に利用した。」
「自分達が倒した後にBlizzに報告し、BlizzはすぐにFixした。」
「バグで足場を復活させるのを前提に、外端でBossをTankしている。」



時間差を見るとEnsidiaはLKを倒した後、すぐにBlizzにBugを報告し、Hot Fixされたのは事実のようです。

今までならば、World 1stが確定した後はVideoやTacを公開するのが普通ですが
今回はLKを倒さないとHardmodeが解禁されないので、HardmodeのWorld 1stを狙う為には
良くも悪くもBugを報告して、他を足止めをする必要もあったのでしょう。


そして、今朝
BlizzはEnsidiaに対して、このバグ利用により
72時間のアカウント停止&LootとAchieve取り消しの処分を行ないました。


mmo-championの記事には凄い数のコメントが付いてますが、
「LootとAchieve没収は仕方ないが、72時間のアカウント停止はやり過ぎじゃないか。」
という意見が多い様です。

確かにデバッグをしてなかったBlizzに責任の一端はありますが、
Blizzの判断では、Ensidiaは意図的にバグを利用した戦い方で倒したと見なしたのでしょう。


バグを発見した時点で報告していれば、名実ともに素晴らしいGuildであったと思いますが・・・
真相はEnsidiaがVideoを公開しないと分かりそうに無いですね。



当たり前ですが、Ensidiaの公式サイトやMemberのBlogではBlizzに怒り心頭のようですね。
最初の声明からして何だか嫌な印象を受けてましたが、FだのSだのを連発している人も。

最近ではYogg+0で同じ処分を受けたExodusの例もありますが、あれは悪質なバグ利用ですし
今回の件の争点は、Raid全体がどういう動きをしていたかにあると思います。
RaidのTacが意図的にPlatformを復活させ、Valkyrysを回避していたら黒です。

もっと言えば、潔白を主張するならば、全てのAttemptのVideoを公開するべきですね。
Slain後に即Reportしているのは完全にBugを認識している訳であって、
「偶然そうなった」では通用しないですし、今の時点では個人的に処分は妥当かと思います。
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。