スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSGメモ その7

08 21, 2010
1ヶ月ぶりの更新ですね。3sは2000前後で停滞していました。

分析と改善案の話し合いを重ねた結果、現在の方向性としては
これまでの「耐えて勝つ」から「攻めて勝つ」方針にシフトしてみる事に。


簡単に分析すると、今のRatingで遭遇する対戦相手の比率が
重装甲で耐えながら押して勝てる相手DPSが足りず倒せない相手
になっている事が原因と考えられます。

全てのチーム相手に勝つというのはやはり難しく、Comp同士の相性があるのは仕方ないですが
Ratingを上げる=通算勝率を上げるという事なので、よく当たる相手に勝てる様にしたいですね。


つまり虫の良い話、攻撃重視のセッティングにして、下がった防御力は腕でカバーしてみる、と。
もちろん最終的に、チームの総合スキルが上がれば良い話なんですが、
まずは目下の対戦相手の傾向に合わせて調整することが重要だと思います。


具体的な変更点は以下の通り。


・スイッチ
より効果的なスイッチを行なう事で相手の体勢を崩す。

DPS→別DPSのスイッチは、敵Healerは単にHealのタゲを変えるだけで済むが
DPS→Healer→DPSのスイッチは、敵Healerに防御行動を取らせる分、相手を忙しく出来る。
しかしその間、敵の2DPSはフリーになるので注意する必要もある。

スイッチのタイミングとしては、Ventが無いので
相手側の防御系スキル IBやDS、HoFやテレポートなどが分かりやすい。
対Dru Healの場合は、LB3stackで変えて行くという案も検討中。


・攻撃面
これまでは、Warrは1H武器+盾で安全にDPSして行く事が多かったが
CCが無い分、粘ってもこちらのCDが尽きたら負けるというジリ貧状態なので
例え狙われていても状況に応じて2Hで殴って行く方針に。

Interruptが無い分、タゲのCasterへのOverpowerのSpell Power半減効果が最重要。


・防御面
「LoSに始まりLoSに終わる」という格言が有る様に、(無いです)
盾を持たない時の防御面の薄さを位置取りでカバーして行きたい。
こちらのPalが40yギリギリでHealし、敵のCCが届かない状況が望ましい。
3sは敵味方全員の位置を把握するのが難しいが、やはりこれが出来ないと2200の壁は厳しいようだ。


・Gear
Resilienceを1350→1050まで低減。

ChestはFrost Emblem*60の Castle Breaker's Battleplate
BootsはCraftの Hellfrozen Bonegrinders
Neckに245Hの Collar of Ceaseless Torment
TrinketにCritのBattlemasterを採用。
(Raidに出れる環境の人は、DBWやDV、STSを強く推奨)

----------
ちなみにTalentとGlyphをHamstring型にしてみようかも検討中。
DKのCoIでほぼroot状態なのであまり重要視していませんでしたが、Dispellで消される事や
Healerにスイッチする事を考えるとかなり有効な気がします。

スポンサーサイト
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。