スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSGメモ その6

06 28, 2010
今週、7試合目でついにRatingが2000になりました。
Armoryに反映されれば、AJのランキング検索で引っかかるようになって嬉しいですね。

課題の対WLDは1戦しか会わなかったのでまだ検証出来て無かったり。
Druではなく普通に盾を持ってWlkを狙いましたが、
今回はDKの人がPet killを上手くやってくれたおかげで勝てた感じです。



色んなとこを見て回っていると、今一番強いと言われてるCompはLSDの様です。
Dest Warlock - Ele Shaman - Resto Druid

そういえばかなり負けてるなあと思ったり。
3人とも強烈なCC持ってるので、どう戦って良いやら・・・

Tornament Realmの1位チームは一応TSGなのですが
余りにLSDが多いので、WarがArmsでなくRelect特化のProt Specだとか。

今の私の戦い方はProtに近い所があるので、一度試してみたいですね。


次点で言われてるのは2healerチームが多い感じがします。

Arms War - Disc Priest - Holy Pal
通称 Dispel Cleave
PvE Gear特化のWarr (それでもResilは800~)とHeal二人。
PriestがHealerとしても、DPS(Mana burnとDispel)としても動けるのが強みですね。
特にWarがShadowmouneを持ってると恐ろしい強さだとか。


Unholy DK - Disc Priest - Holy Pal
上のDispel CleaveをMana Burnに特化させたような構成です。
DKはMSが無いのでWarに比べるとDPS面は劣りますが
Gripや豊富なSnareで、弱点であるPriまたはPalへの集中Zergを阻止するのに最適です。


Prot Pal - Disc Priest - Rest Shm
こんなCompあったのかと思いましたが (まだ一度も遭遇した事が無し)
調べるとかなり上位チームがいる構成のようです。

予想するに、PriとShmがDispel & Purgeを連発するのがポイントだと思うんですが
なぜProt Palなのか・・・。

通称Pretと呼ばれるRet GearのProt Palは堅さとBurst力の高さが有名ですが
基本的にMS系と組んでこそってイメージだったので、このCompはちょっと謎です。
スポンサーサイト

徹底攻略 Rest Dru 前編

06 24, 2010
オフさんが、記事で各Healerの特徴についてを詳しく書いています。

他のClassの人の視点から見た考察は勉強になりますねー
ここは私も、専門だったResto Druidを徹底攻略してみましょう。
かなりの長文なので、読みたい人だけどうぞ。



私の印象では、Druidの特徴は「移動力とHoT」に尽きると思います。
Snareを解除しながらインスタントのSpellでHoTとHealをするので、
移動と回復が同時に出来る事がDruの強みです。

HoTは掛けておけば、他の行動が出来るので非常に便利な一方で、別の面の腕を要求されます。
簡単に言えば「相手のDPSをある程度予想した上で、適量のHoTをする」必要があるのです。

少なすぎれば死にますし、(死なないまでもCast Healをせざるを得なくなり、隙が生まれます)
多すぎればマナの無駄なので、OOMへ近付いてしまいます。

更に、PriやShm、Mageは、Dispel等でHoTを剥がす事が出来るので、
相手チームにいる場合は、その点も考慮しなければいけません。
1000マナを消費して掛けたHoTを、200マナのPurgeで消されるのは嫌ですよね。

幸い、LifebloomというHoTはDispel系に対して特別な性能があります。
つまり適時、適切なHoTを適量使う事がDruid Healのポイントなのです。


ではそのHealの種類を見て行きましょう。
実践的な対策は次回書くとして、DruidのHealの仕組みについて知る事は攻略の第一歩です。
(ここから口調が変わりますw)



続きを読む »

TSGメモ その5

06 21, 2010
先週と今週プレイして、Ratingは1950~2000手前という感じです。

今週に少しGearを変更して、264 PvE Chest → Wrathful Chestに。
これでResilienceが1250、ArPは300に。
(盾持ちで Resil 1350、ArP 200)
もうこれならGemもArPじゃなくてSTRで良い気もしてきました。




今週の課題は対WLD (War Wlk Dru)
互角のRatingだとほとんど勝てない相手で、
このチームのバランスが良いという理由が改めて思い知らされます。

1.Warを狙った場合
相手のWarは、守りながらもこちらのDKかWarにMSを入れつつDPSをしてきます。
相手のWlkは、PalとDKにFearを入れながらタゲを合わせてDPSをしてきます。
相手のDruは、こちらのDKとWarにCycloneを入れてDPSを下げつつ、チャンス時にはPalにCycloneをしてきます。

2.Wlkを狙った場合
相手のWarは、こちらのDKとWarにSnareを入れつつDPSをしてきます。(Wlkが逃げるのもサポート)
相手のWlkは、逃げながら若干のDPSとCCをしてきます、ピンチ時にはテレポート。
相手のDruは、こちらのDKとWarにCycloneを入れてDPSを下げつつ、チャンス時にはPalにCycloneをしてきます。

3.Druを狙った場合
相手のWarは、DruのHelp、もしくはPalを狙って来ます。
相手のWlkは、DPSに加えてDKとPalにFearを入れて来ます。
相手のDruは、最低1-2回はBarkskinやNS+CycloneでこちらのBurstに耐えて来るでしょう。その間にPalは死亡。


こうして考えてみると、Druを狙うのが良さそうですね。


わたしもDruの経験があるのでよく分かりますが、とにかくCycloneが非常に強力です。
簡単に言えば、DruはHealしながらどれか一人Cycloneしていれば良いのです。

・・・狙われない限りは。


DruはBarkskinとRootがあるので、他のHealerに比べるとどうも狙う気にならないんですが
先週、今週と、WarまたはWlkに行って駄目だったので、
やはり元祖TSGのスーパーコンボを決めるつもりで次はDruに挑戦してみたいと思います。

Bladestorm+HoJ+Strangulateの3つが合わさる奇跡は果たして起きるのか・・?
(うちはvent無しですw)

TSGメモ その4

06 08, 2010
今週はあまり時間を取れなくて20試合ほどプレイしました。
Ratingは今のところ1900前後ですが、Gearが上がったおかげもあり
2100辺り相手でもそこそこ勝てるので、まだ伸びそうな気がします。

わたしの課題としては、盾持ちを覚えて万能に戦えるようになったのですが、
今度は攻撃力が必要な場面で、2Hに持ち替える踏ん切りがつき難くなっています。

特にWarが狙われてない時は、何時来るか定かでは無いCycloneやPolyを跳ね返す為に
ずっと盾を持ってるのはやはり効率が悪いですね。

RLD相手に、1回目のCycloneをReflect→(Druは即Trinketで解除)
続けざま2回目のCycloneをBladestormで弾くという大技が決まる時もあって、何とも難しい…


あと最近 Berserker Stance→Intercept→Rageが無い!という事が多いので
Tactical Masteryを2Pから3Pに変えてみようと思います。

MLG 3v3開幕

06 05, 2010
MLG Columbus 3v3 Tournament

注目のMLG 3v3が始まりました。
世界から16チームが選抜されて戦う様です。

ルールは5試合の3本先取。
AddonはUI系も含めて全て禁止。
GearはWrathful PvPか、Ivl264までのPvE Gearを自由に使う事が出来る。


チーム紹介
World of Warcraft: Columbus WoW Team Preview Pt. 1
World of Warcraft: Columbus WoW Team Preview Pt. 2

16チーム中、12チームにWarlockが入ってるのが気になりますね。
4人のチームは相手に合わせてセットアップを変えられる様です。

やはり本命は現在 3v3ランキング TopのWLD、Nerdstomper.comでしょうか。
世界最強のWarrと言われるHoodrychに注目ですね。

PK Cardsが唯一TSGで出場しているのも見物です。
Skill Capped WestがTSG対抗策として、
Spell CleaveからWLDに構成を変えられるようにしているそうで
果たしてどうなるのか・・・ 面白くなりそうですね。
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。