スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろ3s

11 29, 2009
tunnelvision.jpg

おもわず噴いちゃいましたが、確かにその通りですね。

Tunnel Visionは、視野が狭く一直線という意味で。
良い使い方で、ひたすら集中攻撃。
悪い使い方で、周りの状況を見ていない。

Arms War, DK, Holy PalのMelee Cleaveチームは
よく腕が関係無いと揶揄されますが (勿論そんな訳はないです)
あれこれ戦法に振り回されるよりかは楽しそうですね。



こちらも面白そうな3sチーム
http://www.arenajunkies.com/team/3v3/US/Korgath/DUDES_A_PLENTY/

Arms War, Prot War, Holy Palの構成で、世界14位
GAY team!とコメントが付いてて笑ってしまいます。
Prot Warは他に類がない性能で、張り付かれた方はストレスが貯まりますね。

3sもやりたいなあ・・・
スポンサーサイト

11/25

11 25, 2009
ちょっと上がってratingが1724。

何度か当たったんですが、Hunter/Enh Shmにどうも勝てず。
Mage/Priも相変わらず勝率低いですし、Wlkの2dpsにも負けがち。

どうもパートナーの外人さんはSpell AlerterやFocusを使ってないらしく、
Freezing Trapを食らいまくってたり、殆どCCを止めないのが厳しい・・。

攻撃面は特に悪く無いんですが、問題は防御面で
結局はわたしがCC食らった時でもパートナーはDPSしっぱなしで
そこからChain CCで自分にBurstが来ると予想出来てないのが課題かなぁと。



最近Fake Castを意識して練習したので、ShmはTotemが厄介ですが
WarやDKはかなり手玉に取れる様になりました。

Fake Castは相手が上手い (Castに対して反応出来る)と逆に成功率が上がるので
序盤にHoT張ってから試してみて、どの程度反応するか見極めると後が楽ですね。

「Interrupt Bar」
http://wow.curse.com/downloads/wow-addons/details/interruptbar.aspx
PummelやKickはSpellでは無いので、相手が使ったかどうか分かり難いですが
このAddonだと楽にTrack出来るみたいです。
(Shield Bash等は入ってないので、luaをいじって自分でカスタムすると良いそうです)

MikScrollingBattleTextを使ってればこれも多分要らないのかな・・

開幕の動きとStealth

11 21, 2009
たまたま話題が出てたので追記を。

試合開始時(扉が空いた時点)に、Rest Druidは
猫でStealthしているべきか、Tree FormでPre-Hotをするべきか。についてです。


猫Stealth
メリット
・ターゲットされない
 Gladiusで視認してからターゲットしてCast止めるのは時間が掛かるので
 余程の反射神経が無いと、StealthからのCycloneはまず止められる事は無いです。

・パートナーもStealth出来るクラスの場合、敵が警戒して消極的になりやすい。
 相手はこちらが2DPSなのかHeal+DPSなのか分からないので、
 "待ち"に入る事が多く、こちらはじっくり開始位置を決められます。

・猫Stunから開始出来る
 MageやWlkはFeralを警戒して、ついBlinkかTeleportで反応しちゃう事も。
 次のCCに繋いでも良いですね。

デメリット
・RogにSap(発見)されるとほぼ負けが確定
 Restの猫FormはArmorが最低値なのと、更にHoTも貼れて無いので
 Trinket+Barkskin+NS等のCDを殆ど使わないと即死します。
 何とか耐えれたとしても、3分はCD Skill無しの辛い状況になります。

・相手の開幕Burstに味方をHeal仕切れない事も
 2DPSが相手だったりすると、CycloneをTrinket前提で突っ込んでくる場合があり
 油断してるとPre-HoTが無い分、Healが間に合わなくなる場合があります。



Tree Form
メリット
・Pre-HoTが貼れる
 攻めるにしても耐えるにしても、やはり便利ですね。
 開始2秒前にRegrowthをCast開始すると無駄が無いです。

・Sapされない
意外と忘れられがちですが、Tree FormはElemental属性なのでSapは効きません。
その代わりにWlkにBanishされるので注意しましょうw

デメリット
・Pre-HoT分のManaが減る
当たり前ですが、扉が開いた後は普通にManaが減るので
過剰にPre-HoTをし過ぎると、Manaが半分からスタート!とかになりかねません。
なるべくHoTを保ちつつ、水を飲むローテーションを自分なりに作ると良いですね。

・Rogに狙われる
Sapが効かないという事は、Rogには味方へSap→自分にCheap Shotから開始されます。

Rog単体であればBarkskin使わずにPre-Hot分で耐えられますが、
大抵は敵にPriかMageがいるので、Mana BurnやSIlence等の困った事になります。




結局どっちが良いのー!、となりますが。総合すると
味方のClass、Map、相手の構成によりけりです。

Rogと組んでいるなら基本的に猫Stealthでスタート。
相手にRogがいるチームならばTree FormでPre-Hot開始。

War,DK,Pal等と組んでいるなら基本的にTree Formで開始して問題無し。
MapがNagrand等の広い場所なら猫Stealthからでも大丈夫。
この場合も相手にRogがいればTree Formへ移行。

おそらく、私のやり方は安全を重視しているので
取るか取られるかのレベルの人は、Rog相手でも危険覚悟で猫Stealthで行くのかも…


Org Mapだけ少し特殊なので追記 (このMap色々問題ありますね)
エレベーターが上がり出してから試合開始 (Cost 0のBuffが消える)までに数秒あり、
更に試合開始からエレベーターが上がりきるまで(実際の試合開始)も数秒あります。

つまり、試合開始の時点でGladiusに敵の情報が表示されてから
相手の構成に合わせて、素早く体勢を整える必要があります。

更に、開始時のお互いの位置が接近してるので、Stealth系は
WarのDemo ShoutやDKのDnDで炙られる危険性が非常に高いです。

猫Stealthで行くならば、右後方か左後方の限界まで下がって、
エレベーターの最後の段差をジャンプする感じで後ろにDashを発動して逃げます。
(これでも炙られる事がありますね)
Jump!

ちなみに完全にエレベーターが上がりきるまで、WarのChargeはバグで不発になります。

CCをつなごうの会

11 16, 2009
「勝てる!Cycloneのすすめ」

CycloneはDruidのCCの一つで、
動けなくさせると同時にダメージやヒールも通さない効果があります。

Cast Timeは1.5sec (Haste無しで) 効果時間は6秒です。

つまりDR(Diminishing Returns)を考慮すると、連続でかけた場合は
1回目 6秒 → 2回目 3秒 → 3回目 1.5秒 → 4回目 Immueとなる訳ですね。

見にくい画面で申し訳ないですが、左下のGladiusの画面に注目して下さい。
現在、私がPalに1回目のCycloneを掛けたところです。

Cyclone

相手に行動させずにCycloneを連続して掛けるには、Cast Timeが1.5secなので
カウントダウンが残り1.5秒の時に唱え始めると、切れ目なく繋ぐ事ができます。

私がよくやる方法としては、
1. Cyclone
2. もう片方にInsect SwarmやMoonfire、またはHeal
3. 残り1.5秒でCyclone二回目
4. 熊に変身&EnrageでRage貯めて Bash(スタン)の用意
5. 2回目のCyclone切れた瞬間にBash(効果は3sec)
6. スタン残り1.5秒で 3回目のCyclone
7. 仲間のCCを繋ぐ、もしくは今度は別の敵にCyclone開始

合計で13.5秒のCCになりますね。
ちなみに、なぜ3回目ではなく2回目で熊Bashに移るかというと
GCDの関係で3回目の1.5秒の間だと間に合わない時があるからです。

さらにCycloneは上書きが出来ないので、Cast開始が速過ぎると繋がりません。


これが使いこなせるようになると、試合をコントロールする事が出来ます。
タイミングが悪いと、味方の攻撃を邪魔する結果になるので
最初は私もHealしかせずに味方が敵を倒すのを待つだけでしたが
単純に狙われてない方に掛けるだけでもチャンスを作れますね。


おまけで、もう一つはCycloneからのStarfire+Moonfireです。

残り3秒 (Debuff Iconで半分)、の時点でCast開始すると
Cycloneが切れた瞬間にStarfireが当たるので、同時にMoonfireも撃てば強力なコンボです。

DruはCast止めが無いので、FeralやRetなどのHybridを仕留める時はこれが有効ですね。

上がらない~

11 10, 2009
130試合で1550前後でstuck中。

組んでいるWarの人がCaster戦があんまり上手く無いのが厳しいです
2dps相手にも必要な時にAoE Fearが出せてないのと
Pummel等が一切無し、距離取られてもBladestorm解除しない等々・・・

Warの経験があるだけに難しいのは分かるんですが、これだと勝率が上がらず T_T
特にEle Shm絡みやMage/Priに全く勝てない状態です。


たまにSkirmish等で2400+とかのWarと当たったりしますが
Interrupt、Reflect等の反応が恐ろしい程速くて驚かされます。
多分私が今Warをやってもこういう動きはとても出来ないでしょうし
この辺がやはり上手い人との差なんだなあと実感したり・・・。


おまけ
Mage/Priest (Difficulty 7/10)

このチームに対しては長期戦になりますが、そこまで難しい訳ではありません。
この試合で目指すのはMageをOOMにする事です。

さて、どうすれば良いのでしょうか?
答えは簡単です、Mage自身にやらせれば良いのです。
好きなだけCCとDPSをさせてManaを消費させましょう。
試合中のほとんどの間、WarはCCされて身動きが取れないはずです。
しかしそれは気にする必要は無く、MageがOOMになるまでKillはほぼ出来ないでしょう。
WarはCCの合間にPriかMage、どちらでも殴れる方を殴って下さい。

Druidは常にPriのManaburnを避けつつ、出来るだけ水を飲みましょう。
そして絶対にMageに水を飲ませてはいけません。
PriのManaは重要では無いので、そこまで気にする必要は無いです。
余裕があるならPriのMana回復を止めるにこした事はありませんが、Mageが優先です。

WarもDruidも、両方がMageのEvocationを常に警戒しておきましょう。
Evocationを素早く止める事が出来れば、劇的に試合が優勢になります。
PriのHymn of Hopeも同じく止められると良いでしょう。

MageがOOMになったらPriをCCしてMageをKillします。

・Nature's Swiftness & CycloneのコンボはEvocationを止める最高の技です。
 この為だけに取っておく価値があります。

・Mageを早くOOMにさせるコツは、片方にRoot、もう片方にCycloneです。

この試合はDruidの負担が特に大きいです。
自分がLoSを切るのに気を取られると、一気にWarを狙われるのが辛い所です。
両方にHoTを掛けつつPriのManaburnとFearを避け、MageのBurstを耐えつつ
常にMana回復を止めに行ける位置を取るのが難しいですね。




Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。