スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Race(種族)特性いろいろ (Horde編)

10 14, 2009
今回はHorde編です。

ちなみにLv80のRace統計を見てみると、US Realm全体で
19% Human
18% BloodElf
16% NightElf
10% Undead
10% Draenei
9% Tauren
6% Orc
5% Gnome
4% Dwarf
4% Troll


こういう感じになってます。

Horde

- Orc -
Blood Fury - 固有スキル、15秒間 AttackPowerまたはSpell Damageが上がる。
Hardiness - Stunを食らう時間が15%減る。
Command - 自分のPetが与えるダメージが5%UP
Axe Specialization - 1Hと2H Axe、そしてFistのExpertiseが5UP

 Warcraftでは主役的な位置なのに意外と人気が無いOrc。
種族の性格と同じく、攻撃面が強いRacialになっています。

 Blood FuryはpatchでHealing ReduceのDebuffは付かなくなりました。
増えるAPとSpell Damage(Spellpowerでは無いので、Heal系には効果が無いです)は
(Lv80*4) +2 = 322 AP gained
(Lv80*2) +3 = 163 SD gained、となります。
Burst系のTrinketと考えると十分強力なSkillだと思います。
AxeのExpertiseを有効と捉えるならば、Axe Specが主流のWarrには良い種族とも言えます。



- Tauren -
War Stomp - 固有スキル、0.5sec Castで8yard以内の敵(5匹まで)を2秒Stunさせる。
Endurance - Healthのベース値が5%UP
Nature Resistance - Nature系のSpellを食らう確率(Hit)が2%下がる。

 全Race中一番でかいTauren。HordeでDruが出来る唯一のClassですし
Healthの高さでTBC時代はPvP、PvE共に結構人気の種族だったと思います。
しかしEnduranceに大幅なNerfが入り、合計Sta値からベース値になったので
以前なら20k Healthで1000 Healthのボーナスだったのが
現在だとLv80でせいぜい数百しか増えない仕様になっています。

War Stompは僅かにCast timeはあるものの、GCDは消費しません。
単純な2秒stunなのでInterruptの効果は無く、攻めに使うのはかなり難しいので
張り付かれている時に脱出したり、他のCCに繋ぐ取っ掛かりとして有効です。



- Undead -
Will of the Forsaken - 固有スキル、Fear,Charm,Sleepを解除 (2minCD)
Cannibalize - 固有スキル、近くの死体を食べて10秒間で35%のHealthを回復
Shadow Resistance - Shadow系のSpellを食らう確率(Hit)が2%下がる。

 正式名称はForsaken。ちなみにHumanoidなので対Undead系は効かないです。
HordeでRacial性能が最強と言われてる種族です。
だからと言ってUD一択という訳では無く、Classや戦闘スタイルで好みが別れます。

 Will of the Forsakenは単純にFear解除ですが、(後出しOK)
HumanのRacialスキルと違ってPvP Trinketとは別CD扱いです。
Fearを絡めた連続CCなどを相手が仕掛けた時に、
Trinketを使わずに抜けられるのはかなり大きいです。

 Cannibalizeによる体力回復は、2DPS等の回復手段が無い
Mage,Rogue,Warlock辺りの純DPSには非常に相性が良いですね。


 
- Troll -
Berserking - 固有スキル、10秒間 攻撃速度とCast速度が20%UP (3minCD)
Beast Slaying - Beast系に対してのダメージが5%UP
Bow Specialization - Bowでの攻撃のCrit率が1%UP
Throwing Specialization - Throwでの攻撃のCrit率が1%UP
Regeneration - Healthの自然回復力が僅かに上がる。
Da Voodoo Shuffle - 全ての移動速度が低下する効果の時間が15%減る。

 どうやら全種族中、一番人気が無いらしいTroll。
6種類ものRacial Skillでばっちり・・では無さそうですね。
Hunterには比較的向いているのかも知れません。

ちなみにRegenerationは1秒にHealthが1ぐらいしか回復しないですし
Throwing Specializationは効果があるのがRogueのThrowかDeadly Throwのみ。

BerserkingはpatchによりHealth%うんぬんで効果は変わらなくなりました。



- BloodElf -
Arcane Torrent - 固有スキル、半径8yardの敵全てに2秒silence。更にmana6%やEne等を回復
Magic Resistance - 全属性のSpellを食らう確率(Hit)が2%下がる。

 唯一のPalというよりかは、見た目の良さで人気があるBE。
3.02でMana Tapが無くなって更にシンプルなRacialになりました。

Arcane Torrentは効果が2秒と短いですが攻防中のCast止めに最高です。
ちなみにRogだと15Energy、DKは15Runic PowerのGainがあります。


スポンサーサイト

Race(種族)特性いろいろ (Allilance編)

10 08, 2009
こだわりの種族でプレイしてる人が多いと思いますが
中には、Racial Skill(種族)の能力だけで選ぶ人もいるそうです。

今回はArena視点から考察してみましょう。

大体の種族は何かの属性に対して、-2%Hitの抵抗力が付いていますが
殆どのプレイヤーはそれを考慮して合計6%のSpell Hitを確保しているのが現状です。
(Lv80に対してのSpell HitのCapは4%、これに対Racialの+2%)

Allilance



- Human -
Every Man for Himself - 固有スキル、PvP Trinketと全く同じ効果
Perception - Passiveスキル、Stealthを見破りやすくなる。
Human Sprit - Spritが3%UP
Mace Specialization - 1Hと2H MaceのExpertiseが3UP
Sword Specialization - 1Hと2H SwordのExpertiseが3UP

 英語圏ではNEと並んで人気のHuman。
Arenaでは弱い弱いと言われ続けていましたが、wotlk開始から一気に人気になった種族です。
やはりEvery Man for Himselfのおかげで、PvP Trinket枠の代わりに
他のTrinketを使えるのが、ResilienceよりDPSを重視するClassに好評でしたが
現在はWinterGraspで買えるTitan-ForgedシリーズのTrinketがあるので、
そこまで有利という訳では無くなりました。

 Perceptionは、Rogueだと開幕のStealth同士の探り合いで非常に有利になります。



- Nightelf -
Shadowmeld - 固有スキル、使用するとその場でStealth状態になる。
Quickness - 敵からのMeleeとRangedを食らう確率(Hit率)が2%下がる。
Nature Resistance - Nature系のSpellを食らう確率(Hit率)が2%下がる。
Elusivesness - ShadowmeldやStealth時に敵に見つかりにくくなる。

 耳と眉毛が長く、外国の方に人気があるNight Elf。
回避面に優れていて、Melee,Caster問わず無駄が無いRacialですね。

 やはり特筆すべきはShadowmeld
DoTなどのダメージで解けてしまいますが、In Combat中でも一時的に相手のタゲを外せるので
敵が自分にCast中のSpellを回避出来るのは強力です。
Pet系に襲われている時も、Shadowmeldする事で一時的にAttack命令を解除出来ます。

 応用テクニックとしては、こんなものもあります。
Dru : Innervate→Shadowmeldと繋ぐ事で敵にDispelやCycloneをさせずにManaを回復
Dru : Shadowmeld→Cat Form→Prowl
Rog : Shadowmeld→Out of CombatからのStealth
War : Shadowmeld→Out of CombatからのCharge (今はこれが有効なのはFuryだけですね)



- Dwarf -
Stone Form - 固有スキル、全てのPoison, Disease,Bleedを解除出来る。8秒間Armorも10%UP
Mace Specialization 1Hと2H MaceのExpertiseが5UP
Gun Specialization GunのCrit率が1%UP (数値にすると45.91 Crit rating)
Frost Resistance Frost系のSpellを食らう確率(Hit率)が2%下がる

 どうやら見た目が不人気らしく、特にFemaleは滅多に見ない可哀想なドワーフ。
Gun強化はHunterに、Mace強化はPal,War,Rogに、と言った感じですね。

 固有SkillのStone Formですが、結構前にNerfが入って8秒間Immueでは無くなりました。
単純にFeralの強烈なBleedやRogの毒を解除する利用方法だと思いますが
やはりDwf RogがBleedなどでVanish出来ない時に使うのが一番有効でしょうか。
解毒出来ないPriとの相性も悪くないですね。



- Gnome -
Escape Artist - 固有スキル、全てのRoot、Snare、Immobilizationを解除
Expansive Mind - Intが5%UP (GearなどのIntを含めて)
Arcane Resistance - Arcane系のSpellを食らう確率(Hit率)が2%下がる

 おしゃべりで顔がでかいGnomeですが、小さいのでクリックし辛いと評判です。
Int 5%UPは総合値で係数が掛かるので、Caster系には嬉しいですね。

 Escape Artistは、使いどころも多く、Melee Classと非常に相性が良いですね。
特に弱点を補えるWarrにはBest Racialとの呼び声があります。
Crippling Poisonや、Slow等の、移動速度を下げる効果を含むDebuffも解除出来ます。



- Draenei -
Gidt of the Naaru - 固有スキル、自分か味方に15秒間のHoTを掛ける
Heroic Presence - 自分と30yard以内の味方のHitを1%UP
Shadow Resistance - Shadow系のSpellを食らう確率(Hit)が2%下がる

 尻尾でもう1つ武器が持て…ないですね。Allyで唯一Shamanが使えるDraenei。
TBCから追加されたので、Shm以外の人口は少ない様です。

 Heroic Presenceは、言い換えれば1%Hitを減らしてGear調整が出来るという事です。

 Gift of the Narruは、Lv80だと合計1235 healthを回復します。
これだけだと効果が低過ぎると思いますが、実際はこの1235 Healに
Attack PowerまたはSpell Powerが係数として掛かります。
(おそらく100% × Spellpower、または約118.5% × Attack Power)
+2000 SPであれば合計3235回復するようです。

Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。