スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSGメモ その7

08 21, 2010
1ヶ月ぶりの更新ですね。3sは2000前後で停滞していました。

分析と改善案の話し合いを重ねた結果、現在の方向性としては
これまでの「耐えて勝つ」から「攻めて勝つ」方針にシフトしてみる事に。


簡単に分析すると、今のRatingで遭遇する対戦相手の比率が
重装甲で耐えながら押して勝てる相手DPSが足りず倒せない相手
になっている事が原因と考えられます。

全てのチーム相手に勝つというのはやはり難しく、Comp同士の相性があるのは仕方ないですが
Ratingを上げる=通算勝率を上げるという事なので、よく当たる相手に勝てる様にしたいですね。


つまり虫の良い話、攻撃重視のセッティングにして、下がった防御力は腕でカバーしてみる、と。
もちろん最終的に、チームの総合スキルが上がれば良い話なんですが、
まずは目下の対戦相手の傾向に合わせて調整することが重要だと思います。


具体的な変更点は以下の通り。


・スイッチ
より効果的なスイッチを行なう事で相手の体勢を崩す。

DPS→別DPSのスイッチは、敵Healerは単にHealのタゲを変えるだけで済むが
DPS→Healer→DPSのスイッチは、敵Healerに防御行動を取らせる分、相手を忙しく出来る。
しかしその間、敵の2DPSはフリーになるので注意する必要もある。

スイッチのタイミングとしては、Ventが無いので
相手側の防御系スキル IBやDS、HoFやテレポートなどが分かりやすい。
対Dru Healの場合は、LB3stackで変えて行くという案も検討中。


・攻撃面
これまでは、Warrは1H武器+盾で安全にDPSして行く事が多かったが
CCが無い分、粘ってもこちらのCDが尽きたら負けるというジリ貧状態なので
例え狙われていても状況に応じて2Hで殴って行く方針に。

Interruptが無い分、タゲのCasterへのOverpowerのSpell Power半減効果が最重要。


・防御面
「LoSに始まりLoSに終わる」という格言が有る様に、(無いです)
盾を持たない時の防御面の薄さを位置取りでカバーして行きたい。
こちらのPalが40yギリギリでHealし、敵のCCが届かない状況が望ましい。
3sは敵味方全員の位置を把握するのが難しいが、やはりこれが出来ないと2200の壁は厳しいようだ。


・Gear
Resilienceを1350→1050まで低減。

ChestはFrost Emblem*60の Castle Breaker's Battleplate
BootsはCraftの Hellfrozen Bonegrinders
Neckに245Hの Collar of Ceaseless Torment
TrinketにCritのBattlemasterを採用。
(Raidに出れる環境の人は、DBWやDV、STSを強く推奨)

----------
ちなみにTalentとGlyphをHamstring型にしてみようかも検討中。
DKのCoIでほぼroot状態なのであまり重要視していませんでしたが、Dispellで消される事や
Healerにスイッチする事を考えるとかなり有効な気がします。

スポンサーサイト

TSGメモ その6

06 28, 2010
今週、7試合目でついにRatingが2000になりました。
Armoryに反映されれば、AJのランキング検索で引っかかるようになって嬉しいですね。

課題の対WLDは1戦しか会わなかったのでまだ検証出来て無かったり。
Druではなく普通に盾を持ってWlkを狙いましたが、
今回はDKの人がPet killを上手くやってくれたおかげで勝てた感じです。



色んなとこを見て回っていると、今一番強いと言われてるCompはLSDの様です。
Dest Warlock - Ele Shaman - Resto Druid

そういえばかなり負けてるなあと思ったり。
3人とも強烈なCC持ってるので、どう戦って良いやら・・・

Tornament Realmの1位チームは一応TSGなのですが
余りにLSDが多いので、WarがArmsでなくRelect特化のProt Specだとか。

今の私の戦い方はProtに近い所があるので、一度試してみたいですね。


次点で言われてるのは2healerチームが多い感じがします。

Arms War - Disc Priest - Holy Pal
通称 Dispel Cleave
PvE Gear特化のWarr (それでもResilは800~)とHeal二人。
PriestがHealerとしても、DPS(Mana burnとDispel)としても動けるのが強みですね。
特にWarがShadowmouneを持ってると恐ろしい強さだとか。


Unholy DK - Disc Priest - Holy Pal
上のDispel CleaveをMana Burnに特化させたような構成です。
DKはMSが無いのでWarに比べるとDPS面は劣りますが
Gripや豊富なSnareで、弱点であるPriまたはPalへの集中Zergを阻止するのに最適です。


Prot Pal - Disc Priest - Rest Shm
こんなCompあったのかと思いましたが (まだ一度も遭遇した事が無し)
調べるとかなり上位チームがいる構成のようです。

予想するに、PriとShmがDispel & Purgeを連発するのがポイントだと思うんですが
なぜProt Palなのか・・・。

通称Pretと呼ばれるRet GearのProt Palは堅さとBurst力の高さが有名ですが
基本的にMS系と組んでこそってイメージだったので、このCompはちょっと謎です。

TSGメモ その5

06 21, 2010
先週と今週プレイして、Ratingは1950~2000手前という感じです。

今週に少しGearを変更して、264 PvE Chest → Wrathful Chestに。
これでResilienceが1250、ArPは300に。
(盾持ちで Resil 1350、ArP 200)
もうこれならGemもArPじゃなくてSTRで良い気もしてきました。




今週の課題は対WLD (War Wlk Dru)
互角のRatingだとほとんど勝てない相手で、
このチームのバランスが良いという理由が改めて思い知らされます。

1.Warを狙った場合
相手のWarは、守りながらもこちらのDKかWarにMSを入れつつDPSをしてきます。
相手のWlkは、PalとDKにFearを入れながらタゲを合わせてDPSをしてきます。
相手のDruは、こちらのDKとWarにCycloneを入れてDPSを下げつつ、チャンス時にはPalにCycloneをしてきます。

2.Wlkを狙った場合
相手のWarは、こちらのDKとWarにSnareを入れつつDPSをしてきます。(Wlkが逃げるのもサポート)
相手のWlkは、逃げながら若干のDPSとCCをしてきます、ピンチ時にはテレポート。
相手のDruは、こちらのDKとWarにCycloneを入れてDPSを下げつつ、チャンス時にはPalにCycloneをしてきます。

3.Druを狙った場合
相手のWarは、DruのHelp、もしくはPalを狙って来ます。
相手のWlkは、DPSに加えてDKとPalにFearを入れて来ます。
相手のDruは、最低1-2回はBarkskinやNS+CycloneでこちらのBurstに耐えて来るでしょう。その間にPalは死亡。


こうして考えてみると、Druを狙うのが良さそうですね。


わたしもDruの経験があるのでよく分かりますが、とにかくCycloneが非常に強力です。
簡単に言えば、DruはHealしながらどれか一人Cycloneしていれば良いのです。

・・・狙われない限りは。


DruはBarkskinとRootがあるので、他のHealerに比べるとどうも狙う気にならないんですが
先週、今週と、WarまたはWlkに行って駄目だったので、
やはり元祖TSGのスーパーコンボを決めるつもりで次はDruに挑戦してみたいと思います。

Bladestorm+HoJ+Strangulateの3つが合わさる奇跡は果たして起きるのか・・?
(うちはvent無しですw)

TSGメモ その4

06 08, 2010
今週はあまり時間を取れなくて20試合ほどプレイしました。
Ratingは今のところ1900前後ですが、Gearが上がったおかげもあり
2100辺り相手でもそこそこ勝てるので、まだ伸びそうな気がします。

わたしの課題としては、盾持ちを覚えて万能に戦えるようになったのですが、
今度は攻撃力が必要な場面で、2Hに持ち替える踏ん切りがつき難くなっています。

特にWarが狙われてない時は、何時来るか定かでは無いCycloneやPolyを跳ね返す為に
ずっと盾を持ってるのはやはり効率が悪いですね。

RLD相手に、1回目のCycloneをReflect→(Druは即Trinketで解除)
続けざま2回目のCycloneをBladestormで弾くという大技が決まる時もあって、何とも難しい…


あと最近 Berserker Stance→Intercept→Rageが無い!という事が多いので
Tactical Masteryを2Pから3Pに変えてみようと思います。

TSGメモ その3

05 31, 2010
あれこれ苦労しながらも、ようやく1800届いてT1武器が買えました。
ポイントは前回書いた「盾を持って攻める」だったようです。


特にCaster DPS相手にこの作戦は有効でした。
Shield BashとSpell ReflectでSpellを捌きながら貼り付くと、格段に生存力が上がります。
ある程度練習と慣れが必要ですが、Warはこれが出来るとかなり世界が変わって来ますね。

単純なダメージ量は2Hに比べるともちろん下がりますが、他のメリットが大きいです。

・盾の性能
Armorが増えるだけでも効果が有りますが、Blockが出来る様になる事も忘れずに。
Casterだけでなく、Melee相手にも効果はあります。

・Spell Reflect
CDがそこそこ長いので連発は出来ないですが、
例えば1000DamageのSpellを跳ね返すと、合計2000の得?になります。

・Shield Bash
Spellに対抗する為のもう一つの手段で、
OverpowerのSpell Power -50%Debuffと合わせて使って行きましょう。
Interrupt以外に、相手を3秒Dazeさせる効果があるのも忘れずに。

・Shield Slam
意外と良いダメージを繰り出してくれる技で、MS以外にProcを待つしか無いArms Warには
手数を増やせる貴重なSkillです。Purge効果があるのも忘れずに(実は重要)



以前から盾持ちの事は知ってましたが、どうもKeybindに余裕が無くて手つかずの状態でした。
Heroic Strikeも使う事にしたので余計に窮屈で、一度全部見直した方が良さそうです。

変えるとまたそれに慣れるために練習が必要なのが難点ですが・・・
Google - Translation
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
Count
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。